わたしのオンラインメモ帳

自分用のメモ帳です。 ゲームの進行度、感想、情報整理、気になったこと等をメモするのが好きなので娯楽でやっています。正確性を確認をせずメモをすることも多いので間違っていたらごめんなさい。責任は取れません。議論するつもりはないので交流機能は一切使いません。自己完結型のオンラインメモ帳です。

3年前の茂木さんと波頭さんの動画で、アメリカではFランクの大学生ですら4年間で平均100冊の本を読むらしい。もちろん漫画などを除く勉強に類する本で。

最初聞き流していたときは1年で100冊も読むのはすげぇ...となったが、4年で100冊とのことだった。それでもFランクで年間25冊というのは、日本人よりもかなり頑張っている。

Fランクだけでなく、全大学の平均だと、4年間で400冊も読むらしい。一流大学だけだと4年間で1000冊とのこと。

そりゃ国力に雲泥の差が出るわという驚くべきデータだった。

自分は通学時間が長く、その時間を読書にあてていたのでそこそこ読みはしたが、アメリカのFランク学生に毛が生えた程度だった。

入学時の何かの冊子に月に数冊は本を読んだ方がいい的なことが書かれていたが、そういう説明ではなくこのような動画を見せてもらって危機感を煽ってほしかった。

”アメリカの大学生は卒業までに400冊読んでいます!” と言ってもらえただけでどれだけ意識改革ができたかわからない。

昨日復帰を表明された宮台さんも、2日間読書をできなかったせいでノルマが溜まってしまったとおっしゃっていた。

来年は100冊を目標にする予定で、いま本を読みたい気分だがあえて控えている。

来年こそは読書を頑張ろうと思えるいい動画だった。



あとお勧めに出てきた動画で、百田さんと堀江さんの動画を観た。

百田さんは安倍政権へのスタンスで反発心を抱いてしまう方だったが、その動画の経歴紹介で大学の先輩であることが判明した。だからといって好きになるかは微妙なところだが、反発心が少し弱まるところに自分の人間性の適当さを感じる。

最近賢い方に共通していると思うのが、大学院まで行くか中退している人に大成している人が多い気がする。

百田さんも大学を中退されていて、藤井さんも高校を中退、西尾先生も大学を中退されている。

優秀な人ほど大学での4年間が無駄な時間に感じるのはわかる気が、パンピーだと飛び出す勇気も実力もないから無縁ではあるが...

疑っていたわけではないが、強い精神を持っておられる方だった。

命を狙う襲撃があったからこそ、早く復帰することが自身の言動を曲げないことの証明になるし、言論封殺を許さないというメッセージにもなる。

安全なインターネットだけでしかわちゃわちゃ騒げない自分やネット民、身を脅かされれば魂も売り渡すのが大半の国会議員とは次元が違う。

こういう人が現在の日本にいることがありがたい。

宮台さんと同じ目にあったときに、同様の振る舞いができる気骨のある国会議員は一体どのくらいいるだろう。

個人的には犯行の動機などは一切気になっておらず、健康な状態で戻られたのがなにより嬉しい。

軍事力を強化をするなとは言わないが、いまやるのか??

北朝鮮やロシアが日本を攻めるメリットはないし、兆候もない。

中国は挑発行為は多いが、台湾にすら軍事行動を起こしていないのに日本が警戒する段階ではない。

”財政には負担をかけないし、直接国民の皆様には関係ないですから”

的なポーズを毎回とるが、こんなものは嘘に決まっている。


早速、第一段の情報が出た。

”増税によって軍事費を賄うことは考えていない””
 ↓
数日後
 ↓
”まず歳出削減の努力をし、不足分は増税で検討(自公)(2022.12.7)”

高速の手のひら返しもやばいが、どうせ歳出削減で軍事費を補う割合は1割にも満たず、9割は増税で賄うのだろう。

まともな歳出削減をやったことなどないし、骨太の改革と称したものがまともな改革だったこともない。

”異様に低すぎる法人税の増額や富裕層への増税の考えはない。下級国民が貯蓄を投資するような社会にしようと思う” と数日前に大臣か誰かがテレビ放送で表明されていたはず。

こういう考えの人たちがまともに歳出削減をするわけがない。

人狼ゲームをやっていたら、最初に狼の容疑をかけられるような存在を信じる行為。

日本人のお人好しで警戒心の低い国民性は愛すべきところではあるが、政治関連のあまりに低次元の詐欺に騙さ続けるのは笑って済ませられる限度を超えている。

オレオレ詐欺で初年度に騙された人は気の毒だが、周知が徹底された5年後に引っかかる人をどう思うだろうか。

日本人の民度や知性はいまやその程度。

何度も騙され続けているのに、何も実績がなく、何も評価する基準がない状態で解散総選挙をするような人物に6割近くも支持を表明できる国民性。

やる前から反対しろとは言わないが、これまで詐欺に何度もあった国民なのだから、普通は支持するかはわからないを選ぶのが当然だったと思うが...

中国での白紙革命を見ると、政治に対する良識ですら日本人は中国人よりも劣っていると感じてしまう。

中国人のように身の危険を冒してまで運動しろとは言わないが、暴走する政府を国民が許容しているような数値を叩き出すのはやめてほしい。


軍事力増強は来るべき日が来たならやればいいが、いまはその財源を教育やら社会保障やら半導体産業への投資にまわしたほうがよほどマシなのでは??

歳出削減で最初にやってほしいのは議員年金の廃止。国民年金と差別化する合理的理由は一つもない。

戦争になれば議員やその家族だけは身の安全を保障されるし、平時なら高い報酬を得ているので経済的な痛みも感じることがない。結局、国民とは常に違う立場のかやのそとに居続ける当事者意識のなさがふざけた政策を生む。

議員が私腹を肥やしたいという行動原理にかられるのはまだわかるが、そういう悪徳な人間を他人である国民が支持する政治的民度の低さは異常としか言いようがない。

↑このページのトップヘ