わたしのオンラインメモ帳

自分用のメモ帳です。 ゲームの進行度、感想、情報整理、気になったこと等をメモするのが好きなので娯楽でやっています。正確性を確認をせずメモをすることも多いので間違っていたらごめんなさい。責任は取れません。議論するつもりはないので交流機能は一切使いません。自己完結型のオンラインメモ帳です。

カテゴリ: FF6(アプリ)妥協版低レベル進行

FF6はFFのなかだと1,2番めくらいには好きな作品だが、エンディングはシリーズの中でも最低なデキだったはず。

納期を気にして適当に仕上げたのか??というレベルで内容のないエンディングだった。

ということで、ゴゴとウーマロがレベル99になり、理想値プラス1のレベルで仲間を全員集め終えたところでゲームを終了しようと思う。


低レベル進行をやってみて一番面白かったのは、

経験値を気にせずけものがはらで戦ったとき。(魔大陸前に2回)

ゴゴとウーマロのレベル上げをしているときだった。


もう一度チャートガン見が必須なストレスフルなゾーンには戻りたくないので、キリがいいのでここで終了しようと思う。


ゴゴとウーマロのレベル上げは楽しかった。

抑圧に抑圧を要求されていたので、自由に戦えるありがたみを感じた。

もしも魔石による成長システムがなく(もしくはレベル1に戻すアイテム等があって)、インターネットがない環境で自分で冒険するようなプレイが出来たなら、間違いなく神作中の神作だと思う。



ゴゴとウーマロは私が育てた。

8C494122-0073-40D4-BD7A-9689AD17CEBE


適当に育ててもOKだが、自分が育てた方法をメモ。

さすがにもう再プレイはしないと思うが...



まずはゴゴとウーマロで崩壊後の世界の弱い敵と戦って遊び始める。

図鑑を埋めながら戦って楽しんだ。

超序盤はゴゴにあばれるを使わせて遊んだ。

ステータス画面からゴゴを選びコマンド変更から設定。

25668C62-A9C7-4D2B-9047-5F0F7DCA0AFB


崩壊前に覚えさせていたベヒーモスを多用した。

HPが低いうちは、らいじんのたて、大地の衣等の属性吸収系を装備していると命拾いすることが多くて良かった。


レベル15くらいでナルシェに移動。

初心者の家で回復しながら戦える。

ウーマロにはガンドレットとかいでんのあかしをつけて、火力が上がっていく姿を楽しんだ。

ナルシェで半オートでレベル上げをしながら、あばれるで使えそうな敵を検索。

・ようじんぼう(瓦礫)(レオ将軍のわざ)
・キングベヒーモス(後半に出る方に飛び込むらしい)
・まじんりゅう(瓦礫)
・グランドベヒーモス(瓦礫)
・ティラノ(森)


レベル25で瓦礫に突入し、ボスと戦わないところまでで出会える雑魚を片っ端から登録した。

ゴゴとモーグリとウーマロ(HPが他キャラよりは高いから)は分ける。


グランドベヒーモスは最初のマップから出る。
攻略サイトどおりにブラストボイスやコンフュをモルボルにかけて、吹き飛ばしてもらうのを狙う。

013A7AEF-8E9C-4736-83CF-03C2BAC03BA8


ようじんぼうは帝国っぽいマップのところでエンカウントした。

067B7A56-5511-424C-A938-916666EC495E


まじんりゅうはボスと戦わずに進めるほぼ限界ラインで、研究所っぽいところを上がった狭いマップのところでエンカウントした。(油断すると即死するので注意)

B4E87E54-B9C3-415D-B062-50C50C3577B2
3347275C-3EE9-4F74-B62C-6D996CE49924


瓦礫の探索が終わってからはティラノに会いに行ってからけものがはらへ。


けものがはらでの狙いは、

ようじんぼう、キングベヒーモス、グランドベヒーモス、まじんりゅう、ティラノ、ロフレシュメドウ、ココ

B3A6725D-2DED-458C-8F72-42BE0B692C60
9585CF6D-4F3C-4871-89EF-89D109955DEE
ABF4EA59-117F-45F2-AC17-16E484DFEB26
BBF4F555-957C-4672-B59D-BFD4DBBAF2F1

この中だとグランドベヒーモスとまじんりゅうが頻繁にエンカウントして、ロフドフラメシュとようじんぼうがなかなかエンカウントしなかった。


まじんりゅうは敵で出てくるとくそ強いが自分が使うと雑魚で使えなかった。

グランドベヒーモスは普通のベヒーモスでいいのではないか??という感じ。

ようじんぼうはそこそこ使いやすかった。

ロフレシュメドウは刺さるところだとかなり強い。

ティラノとキングベヒーモスは登録できないまま放置した。


ナルシェにレベル上げに戻る。

ようじんぼうを多用して遊び、レベル30まで上げる。

適当にけものがはらの洞窟へ移動。

グロウエッグの存在を思い出しウーマロに装備。

あばれるも楽しいが思ったわざを毎回使ってくれず平均すると微妙だと気づく。

むげんとうぶに切り替えたところ火力が一気に上がった。

けものがはらの洞窟でゴゴレベル40、ウーマロレベル48まで上げる。


グロウエッグが2つ欲しくなり、コロシアムに移動。

いきなりタマのすずをかけたほうが良かったと思うが、一応エリクサーからスタートした。

D01DBF86-ED7B-4EEA-BDD7-42A2FB39F6F2
562D43AE-A9FE-491B-BC9F-05A575784152
F324039F-35DB-445F-83FE-0704972092C0
9490AD94-7916-4347-97D1-FF867B71A165
04D400EE-61DA-414C-9AD7-3D4FDCA92E5F


一番強かったのが、まじんりゅう。他は雑魚。

まじんりゅうはHP1にしてからの攻撃で高確率で負ける。

20回に1回くらいのまぐれ勝ち狙いでしつこく戦う。

こころないてんしを中盤に3回くらい連続で使ってくれた時に押し切って倒した。
ガントレットとかいでんのあかし等を装備して倒す。


コロシアムに出てきたティラノが雑魚だったので、ティラノ狩りへ。

ティラノがメテオを使ってきても1600程度しか食らわず安定して勝てた。
経験値も激うま。

967BAFCC-D19C-4E56-9EE7-AF0B6D0EC4AC
8437BE65-4735-4E7C-AEB1-798662B3D31A


ゴゴはむげんとうぶで戦う。アクセはイヤリングとグロウエッグ。

ウーマロはグロウエッグとガントレット。


何度も戦うのに回復手段が必要だったため、モグ(誰でもいい)をパーティーに入れて戦闘不能のまま放置。ゴゴに回復魔法を使えるようにして連戦開始。

モグが生き返ると面倒なので、MPがきれた時はゴゴに寝袋を使用。

レベル70ちょっとでウーマロのたいあたりが9999ダメに。
レベル80くらいでむげんとうぶが9999ダメに。

ブラキはふきとばしや危険な攻撃をしてくるので、ロフレシュメドウを使うと便利だった。

27B20CF7-125A-4459-A340-21E634F4A48B
8778493E-0D0F-4368-BB9E-DC364EE76281


エンカウント数はかなりすくなく、レベルマになるまでに10回弱くらいしか出会わなかった。
レアアイテムドロップはしなかった。

さごじょうのやりは45本も集まった。

85873C5D-B080-44E7-8EDA-959D9374F1A0


最後にやり残していたジャンボサボテンダーを倒して終了。

BBC1EF50-4365-44F3-A41A-65FA0D8880EA


チャートを見ながら図鑑登録の見落としがないように戦ったりするのがかなりの苦痛で、いまが一番楽しい時期だったと思うのでここでゲームを終了することにした。

別端末で見落としがない様に気を張りながらやるのが精神的にも肉体的にもかなりの苦痛で他のことをしながらプレイできないのでしんどかった。

本を読みたいのでしばらくゲーム自体をかなり減らそうと思う。

最後にicloudにアップデートして終了。

つづき。


狂信者の塔にリルムを連れて行ってストラゴスをゲット。

ストラゴスのレベルは9だった。

9D01DC2E-58BA-4940-ACB8-DCA6552B0C27


ゾーンイーターの中でゴゴをゲット。

レベルは9だった。

ゴゴはパーティー平均+2っぽい。

一応性別不詳キャラらしい。

こんなところで立ったまま生きている人間はいないので、男女というよりはメスとして愛用することにした。

名前もゴゴのみ女の子の名前に変更。
(一応ここの前でセーブデータを分けた)

779B1C83-1452-4624-A98B-66448A8213EC

E207CBA2-B6B4-4B23-A1B1-EB153EAE611F


最後にけものがはらでガウをゲットして終了。

ガウのレベルは18

B69B9AE3-F561-42B0-A46C-3A673BB61D08


これで全員揃った。

レベル7・・・ティナ、セリス、リルム、ロック、シャドウ、エドガー、マッシュ、セッツァー、ウーマロ

レベル8・・・カイエン

レベル9・・・ストラゴス、ゴゴ

レベル12・・・モグ

レベル18・・・ガウ


0FC42D2F-6C5B-462E-8161-922049BEFB6A


レベル1,2分を無視していいなら、

ジャンボサボテンダーを倒した後でいまある魔石をつかって育成するというのもあり。


今回はここまで来たのでHPMPが最高値まで上がる魔石が手に入るまで進める予定ではある。

ゴゴとウーマロはレベルを上げて良くなったので、レベル上げ欲はこの2人で満たしていこうと思う。



当初目指していた低レベルの女性パーティーが完成した。

F326E8A9-FF3D-46CE-8C13-478413B573A2


オペラねずみ避けとコンフュ煙玉(アプリでも可能??)を諦めたので、理想値のレベル6よりも1上がってしまったが大満足の結果。

ガチガチのラジコン操作でのプレイになり寄り道が出来ずにストレスも貯まってしまったが、2,3周目なのでまぁ...という感じ。

最後にやったのは数年前で記憶が飛んでいるので普通に遊びたかった感も強いが...



スリースターズを落とす敵同様に、↓バールゼフォンも出にくかった。

調べたところ車掌に落とされたところで見かけたとの情報があり、自分もそこで出るのを確認した。

BAB5368A-1EC8-45D9-8C6D-E901717D273F
AA6C4A3F-7D2D-4B6E-A3E3-051A59B9430D



気軽にできればよかったのだが、チャートガン見でやらないといけないので自由にプレイできないのもつらかった。

かなり負担になっているので早めにゴールしたい...

最初にプレイしたのが10代前半?くらいだったのもあると思うが、ロックの異常性に気づかなかった。

今回プレイするとかなり引っかかる部分が多かった。


・昔死んだ恋人を防腐処理

防腐処理しようという発想がそもそもやばいが、相手の意思に反している可能性があるところも問題。
これは一途な上の行為としてヤンデレ路線として一旦受け入れる。


・昔の恋人を防腐処理している状態でセリスに手を出す

これが一番良くない。
レイチェルにこだわるのなら最後まで貫いてほしい。
レイチェルにサイコ的に固執するのならセリスに手を出すのはおかしい。
セリスを放っておけないとしても、別に恋人関係になることだけが解決方法ではない。
友人関係でいくらでもセリスを助けてあげられる。
一方で偏執的な恋愛観がありながら、新しい女にも手を出したのは軽い人間の印象が強くなるのでやめてほしかった。

さらにご都合主義でレイチェルが一瞬生き返った時にセリスとくっつけというようなことを口にした。

身勝手なロックに周りの環境が合わせていくご都合感を感じるのが印象が悪い。
恋愛関係を主軸にしたラノベとかでよく出てくるような荒々しさを感じた。


レイチェルをちゃんと埋葬していたうえでレイチェルにこだわり生涯独身
→100点

レイチェルを防腐処理してレイチェルの蘇生に専念で他の女に手を出さない

80点

レイチェルを防腐処理している状態にも関わらず他の女に手を出す

10~30点

女性関係は酷いが、普段は優しくていい奴なのでそれを加点して

50~60点


自分の中ではこんな感じ。

ロックのおかげでセッツァーが相当いい男に見えてしまう現象まで起きた。



若干やばい感があったロックだが、FF6最低キャラの名を欲しいままにするディーン先生には足元にも及ばない。

ディーン先生は、やはり圧倒的で別格。

大人たちがこどもを守るために犠牲になる中、自分は隠れて生き残る。

都合のいい時だけこどものカテゴリに入るが、女に手を出し妊娠させる。

妊娠した途端に冷たい態度を取り始める。

彼女は守ると言いながら、村が襲われたときに戦いに出ようともせず主人公たちに肩代わりをさせてくる。

しかも直接助けてくださいとすら言わず、代わりに周りのこどもたちに要求させるという始末。

クズ中のクズ。

こんないい加減な人間の彼女を守るなんていう言葉には一切の重みも価値もない。
言い出した数秒後に反故にされた。

こんな男を選ぶ女も女だが、もしまともな男がもう1人いたなら女がこの男を選ぶこともなかっただろう。

ディーン先生の前だと、マディンを煽ってきた幻獣はもちろん、ケフカやガストラ皇帝の悪逆すらかすむレベル。





低レベル進行で自由に戦えず楽しさよりも若干ストレスが上回っている状態なので、早めに済ませてゴールしてしまいたい。

レベル上げを始めるころには本編クリアをしているはずなので、レベル上げはゴゴウーマロだけで満足して、必要な幻獣を手に入れたところでアプリを終了するかもしれない。

クリアして敵がいない状態でステを気にしながらレベル上げとかわけがわからないし...

ある程度ゴールが見えたので今の段階でゲームの総括を。

プレイして思ったのは、当時はインターネットがなく??情報が拡散されていない状態でNPCの発言からいろいろな隠し要素を探すという冒険的な楽しみが出来た。

攻略本もすべての情報を載せていないものが多く、人づてで情報を得て驚いたり等、時代に合った楽しみ方があったと思う。

いまはそういった楽しみ方はできないので、発売当初のようなフルに楽しめる状況ではないと思う。



良かった点

・ストーリー
・音楽
・キャラクター
・隠し要素、遊び心
・ボスに状態異常が通ったり等攻略要素があるのは面白い 
(アプリ版だとバニッシュデスを潰しておいたのは正解だと思う。)


悪かった点

・幻獣の成長率のシステム(今作一番の害悪)
・ロックの設定が若干危うい(今の時代の感覚だとサイコパス)
・期間限定の敵が多すぎて、下調べなしの図鑑コンプが鬼畜すぎる

(・アプリ版は操作性が極めて悪い NPCに話しかけるのもつらいときがある)



少し前にプレイしたFFレジェンド2などと比べると悪かった点を踏まえてすら神作ではあるので、初見プレイの方にはかなりおすすめはできる。

とくに幻獣の成長率を気にせずプレイできる人には超おすすめ。

今回は成長率を気にして低レベルでの進行をしてみたが、このプレイ方法の場合は余計な動きが出来ず本作の良さを著しく損なうことになる。

ネットがなかった時代だとNPCの発言を受けていろいろなところを探したりするときに、幻獣の成長率のせいで逃げることしかできずかなりの妨害になる。

隠し要素が多く色々なところを冒険させたいという意図と、成長率の設定が鬼畜すぎてまともに戦えないという要素は相反していて良くない。


簡単な解決方法としては、レベル1に戻すアイテムを実装してくれさえすれば、序盤は戦いながら楽しめて、やり込み要素として後半にレベル1に戻して任意の幻獣を装備して成長させられる。

まぁ実装されることはないし、リメイクされることがもしあるならそもそも一番の害悪になっている幻獣による成長システムは根本から見直されるはず。


低レベル進行も途中で解放されるならまだしも、本編をクリアしてEXダンジョンを途中までやってようやく自由にレベルが上げられるようになる。

ほんの少し切り捨てる場合だと、全員仲間にしてサボテンダーの魔石を手に入れるところくらいだと思うが、それでもかなりの終盤になる。


細かなステータスを気にせずに済む人は、

お気に入りの4人だけちゃんと育てるという目標にしたり、

わざわざレベルは上げないが図鑑登録を完璧にするくらいまでは戦うようにするなどしたら、いい感じに楽しめると思う。


低レベル進行の場合でも、ねずみ避けやトロッコ、飛空艇戦などの強制戦闘は一切工夫せず普通に戦うくらいでもいいと思う。

それでもパーフェクトにやった時よりも2,3くらいしか変わらないはず。

さらにサボテンダーの魔石を手に入ったところで、HPMPでレベル1,2くらいの損は受け入れるという方針ならまぁまぁの段階で自由になれる。


私は終盤まで来てしまったので最後までやる予定だが、今作の成長率のシステムはFF6の魅力を大きく損なっていてかなり嫌い。

レベル1に戻すアイテムでもあればほぼ解決した問題なので残念。

798F4232-E111-4643-B860-A69DE23431D2


現在までの妥協したポイントは、

1、オペラのねずみで2回戦闘をした。

2、1の影響でレベルアップが避けられず、トロッコでは均等に経験値を配布した。

(もしかすると、ここをガウ1人にかぶせたら状況が変わったかも??)

3、1と2の影響でレベルが予定よりも1上がってしまっているので、帝国兵話しかけイベントではコンフュ煙玉をしなくてもレベルが上がらず、その後端数の経験値がリセットされたので、自分のようにレベルが1上がってしまっている場合はコンフュ煙玉は不要。

(何度も試していないのでこちらのミスの可能性もあるが、アプリ版だとコンフュ煙玉のやりかたがよくわからなかった。)

4、モグの水のハーモニーを覚えるときにコンフュ煙玉が必要らしいが、自分はできなかったのでそのまま1度戦った。魔大陸のときに使われていなかったマシュ、エドガー、カイエンを選んだ。経験値はごくわずかでこの経験値はレベルアップに影響がなかった。

敵の組み合わせがいいときに倒したが、3匹くらいの組み合わせを倒してもたぶん問題はない。

C7AFD5F5-954E-4239-A480-F8167F5E68E8
6FC6CBD3-AC52-46F9-B07C-4812CB20DEEC


5、レーザー砲からエーテルスーパーを盗まなければいけなかったらしいが、気づいたら潰れていて盗めなかったが妥協してやり直さなかった。一応GBA版では複数取れるらしいのでたぶん問題のない妥協のはず。


コンフュ煙玉が使えない場合は、レベルが1つ上がってしまう可能性はあるが、妥協しているのは実質1のみなので、ねずみ避けにこだわればレベル6をキープできるかもしれない。

やる場合はアプリ版でもコンフュ煙玉が使えるか確認してからの方がいいと思う。

自分は軽く検索したがよくわからなかった。


-----------------------


マニュアル通りのラジコン操作を続け、ロックが仲間になるところまで進められた。

あと仲間になっていないのは、ストラゴスとゴゴのみ。

モグのレベルが12なので、モグを先に入れても大丈夫か??と思ったが、計算したところ7.7いくらくらいで問題なさそうで、実際に問題がなかった。



ここまで進行して気になったことと、印象深かったところを写真で貼り付け。


1、だいちのころもでの金策

ロックに盗みの確率が上がるアクセをつけてロックが盗む、他は防御で早送りをして集めた。

写真のときはシャドウがいるが、シャドウがいないときに金策をすることが多かった。

一番効率がいいのは、シャドウに盗賊のナイフを2本装備させてロックと同時に盗むのがいいらしい。

ロック1人で盗んでいても、バニッシュ状態なら死ぬことは無いのでよそ見をしながら金策できた。

8A53F614-0BAD-4B45-B83E-A5F138CCEA40


2、フェニックスの洞窟でスリースターズをドロップするワシの出現場所がわからなかった。

自分の場合は図鑑登録のために一度出会って逃げる作業をしていたが、そもそも出会えなかった。

どこでエンカウントするか調べたところ洞窟内のセーブポイント近辺で出たとの情報があったのでそこでしばらく戦った。

なかなか出なかったが、出た時は2回連続で出た。

火山のマップで出るかは不明。

自分が確認した場所は↓

6BF38835-B938-432E-9BA7-9DFE5F21D648

EF812B10-967A-4A63-9966-7A3CCA792E80


3、絵画のボスと戦闘

女の方は攻撃をしても無駄らしい。
いまのところこのボスが一番長期戦になった。
フェニックスの尾とハイパーポーションは多めに持っておいた方が良さそうだった。

5A3358E6-A374-4EFE-B67F-904DA9B103A5


4、デスゲイズ

一度では倒せず分けての戦闘になる。
自分の場合は5,6回で倒したはず。
エアロガ対策をちゃんとできる2人は確定で生き残る感じだった。
マッシュのむげんとうぶもいいが、セッツァーのイカサマダイスが火力源になる。
瓦礫の塔には入れるようになったらマニュアル通り無理やり取った方がいい。

デスゲイズは同じルートで飛んでいても出会わないらしい。

気のせいかもしれないが自分は高度をしっかり上げて、進行方向を少し斜めにして上を押しっぱなしにして探した。

ある程度マップを飛び終えて出なければ街に一度入ると、その後はスムーズに出ることが多かったはず。街に入ると配置がリセットされるとかどうとか。

87C45383-C5B9-4059-9725-9FA4D1668887


画像ありはこんな感じ。

画像なしで気になったことは、

・シドにあげる魚で速いものがいないときに遅い魚をあげた。あとで気づいたが、マップからでても魚はリセットされないが、魚を持たないままシドにはなしかけると泳ぐ魚がリセットされた。
何も上げないのか遅い魚を持って話しかけるののどちらがマシかは不明。

・ストラゴスの村の火事の時に、テンプレだとリフレクトリングがおされていなかったはずだが、死ぬときはボスの魔法で死んだのでリフレクトリングをつけた方が安定した。

・ジャンボサボテンが出てきて普通のサボテンダーがでなくなったと思ったが、調べるとジャンボの位置は固定で、そこを避けた砂漠部分で歩いていればサボテンダーとエンカウントできて魔法習得ができた。サボテンダーは経験値がないので、低レベル進行でも利用可能。

7B670EF7-0709-4F8F-98E6-5D3802757E90


・低レベル進行だと自由に使えないが、ガウが魔大陸のベヒーモスをおぼえるとかなり強かった。

31869F79-82DB-4370-BF3C-FE1DEAD2A160


こんなところか...

あと少しでストラゴスが仲間に入り、ゴゴも仲間になる。

ただそこでゴールではなく、MP50%、HP100%アップの幻獣が手に入るまでチャートが続いていた。

途中で気づいていたが、チャートに従うとレベルアップを始めることにはゲームをクリアしているという本末転倒な状態になる。

この成長率システムはその後のナンバリングタイトルに引き継がれていないことからわかるとおり、大失敗のシステムだった。

↑このページのトップヘ